横山秀夫の小説「影踏み」が長編実写映画化されることが決定し、山崎まさよしが『8月のクリスマス』以来14年ぶりの長編映画主演を務めることが明らかになった。メガホンを取るのは篠原哲雄監督で、根強いファンを持つ『月とキャベツ』以来22年ぶりに山崎と篠原監督のタッグが実現する。  警察小説を多く手掛ける横山がめずらしく犯罪者側を主人公にした原作小説「影踏み」は、通称「ノビ師」と呼ばれる泥棒が、彼に降りかかる難事件に立ち向かい、幼馴染のヒロインとの恋と泥棒家業の狭間に揺れ動くという恋愛ミステリー。

猜你喜欢

HD高清
HD高清
HD高清
HD高清
HD高清
HD高清
HD高清

相关热播

HD高清
HD高清
完结
HD
BD高清
完结
HD高清
HD高清
HD高清